22日の土曜日、神戸市住吉川沿いのランニングコースを走る「第26回 KOBE住吉川ナイトラン」に参加してきました。こういった大会に参加したのは高校のマラソン大会以降初めてだったので緊張してましたが、走り出してみると結構楽しかったです。

f:id:Cogitica:20170724135902j:plain

結果は参加者65人中15位で、タイムは54分18秒でした。参加人数とかコースの規模から考えると、結構緩めの大会っぽく、他の大会のリザルトで見ると大体真ん中くらいの平々凡々なタイムのようです。2143人が参加した第15回新宿シティマラソン10kmの部では866位(上位40%くらい)でした。

ただ2117人が参加した第25回おきなわマラソン10kmの部では323位(上位15%くらい)となっており、タイムというのは誰かと比べるっていうよりここから自分を強くしていくための目安でしかないんだなということがわかります。筋トレの取り扱い重量と同じ。

f:id:Cogitica:20170618203600j:plain

大会エントリーを決めてから2ヶ月ほどありましたが、その間10kmをきちんと走ったのは3回ほどしかありませんでした。ただ本番はその3回とは全くの別物で、練習なら「今日はここで終わりにしよう」と思うような場面でも「絶対走り切ったる!負けへんで!」と文字どおり歯を食いしばりながら走るガッツが出てくるので、ゴールした時の気持ち良さは1人で走りこむときの比ではありませんでした。

スクワットのボトムポジションで負けそうになったのを、気合いで挙げ切ったときと同じ「自分に勝った感覚」です(なるほどわからん)。

参加予定だったのに大会前日に負傷した幼なじみと、暑さが苦手な恋人の応援も、くじけそうな時に「負けへんで!」と思う大きな支えになりました。応援ってやっぱすごいよなあ。クラウドファウンディングもそうだけど、応援の力を実感するたびに「足を引っ張るより、応援する人でありたいな」という思いを強くします。

とまあ、とにかく楽しい大会だったので、このまま走ることにものめりこんでいく気配です。ただ僕の走り方が悪いのか、10km以上をあまり頻繁に走ると、古傷の右膝後十字靭帯が傷んでしまい、筋トレやら山やら自転車やらに影響が出ることがこの2ヶ月でわかりました。

フォームの矯正も必要なのかもしれませんが、今はとりあえず走り以外の趣味に重きを置いて、5〜10kmのトレーニングに徹しようと考えています。今のスピードでだいたい30〜60分で終わるのもこの距離設定の魅力で、筋トレを全力でこなした後でも行く気になるので継続可能性が大きくなります。

例によって「ひとり部」らしく、必要以上の時間とお金と労力をかけて、いい意味でも悪い意味でもオタク的に走ることを楽しみたいと思います。とはいってもこれまでの人生、長距離走はできるだけ避けてきた男です。なので走るのが下手です。走るのが得意な人はぜひ暇なときに走り方を教えてください。

まずは5kmを23分以下、10kmを50分以下を目指したいなあ(ゆるい)