文章を書いたり、筋トレしたり、自転車漕いだり、山登ったり、基本はひとり。

作者別: 鈴木 直人

非モテはKizuna AIの夢を見るか?(その2)

その1はこちら Kizuna AIは可愛い、そしてバチクソにカッコいい まずはアイちゃんそのものについて書いていこう。 Kizuna AIは可愛い はじめに言えるのは、アイちゃんはもうそれはそれは可愛いということだ。2017年4月の記事でも書いているが、彼女をデザインしたイラスト…

江戸の浪漫とブルーナボイン19SS

今日はまず、ちょっとした物語を綴ろう。 ***** 古今東西様々な物品を相手に商売をしてきた骨董商の男は、ある時「見事なくらい空っぽ」な蔵の中で、一本の巻物に出会う。みるとその巻物はどうやら手紙らしい。しかも差出人は江戸の絵師であった。 男はふと思いつき、愛用の帳面に鉛筆で当時の…

やっと高知大講義録(2018年6月20日) その2

「やっと高知大講義録(2018年6月20日) その1」はこちら! っていうのも、僕この話毎年言ってるんですけど、そしたら……えっと「好きなことわからん」って言う人いますか?お、今年はいない。 毎年いたんですよ、「好きってなにかわからないです」とか、「好きなことって何かわからないで…

やっと高知大講義録(2018年6月20日) その1

「仕事に余裕がない」を言い訳に、ブログをサボって2ヶ月弱。ようやく新しい記事ができました。 ずっと前に「講義録あげます」と言ってそのままになっていた、6月20日の講義録です。手前味噌ですが、18歳にするにはかなり刺激的な話だし、もしかすると社会人にとっても刺激的な話かもしれません…

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その3】

「ハズレ」のチャンスを掴まないためのポイント チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その2】でみたように、「チャンスを掴みに行くことはできなくても、受け入れるくらいはする」というコンセプトは、僕のライターとしてのキャリアをぐんぐんステップアップさせてくれてい…

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その2】

前回書いた「チャンスを掴みに行くことはできなくても、受け入れるくらいはする」というコンセプトに従った結果として、僕は様々なチャレンジをさせてもらい、少しずつ自分のスキルや自信を強化してきました。ここでは代表的なものをいくつか紹介したいと思います。 2冊の電子書籍 これはライターの…

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その1】

僕がライターとして右肩上がりで成長できている理由 僕は2018年の9月で「ライターとして本腰を入れよう」と誓ってから、5年目を迎えました。この5年間は毎年のようにステップアップがあり、自分の感覚として「今年は丸1年立ち止まったままだったな」と思ったことはありませんでした。 そのお…

長く羽織れていろいろ羽織れる「MITTANのロングシャツ」

羽織って「いつ着るの」ってなりがち 前にボタンやジップが付いていない、つまり前が閉まらない羽織系の服って、正直「いつ着るの?」って思うことありませんか。 9月とかのまだちょっと暑いときに羽織るには暑いし、無理して羽織るとニット素材のものなんかは洗濯大変だし。 かといって11月〜2…