文章を書いたり、筋トレしたり、自転車漕いだり、山登ったり、基本はひとり。

カテゴリー: うつ病について。

カテゴリ一 記事一覧

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その3】

「ハズレ」のチャンスを掴まないためのポイント チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その2】でみたように、「チャンスを掴みに行くことはできなくても、受け入れるくらいはする」というコンセプトは、僕のライターとしてのキャリアをぐんぐんステップアップさせてくれてい…

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その2】

前回書いた「チャンスを掴みに行くことはできなくても、受け入れるくらいはする」というコンセプトに従った結果として、僕は様々なチャレンジをさせてもらい、少しずつ自分のスキルや自信を強化してきました。ここでは代表的なものをいくつか紹介したいと思います。 2冊の電子書籍 これはライターの…

チャンスを掴みに行く勇気がないなら、受け入れるだけでもいい【その1】

僕がライターとして右肩上がりで成長できている理由 僕は2018年の9月で「ライターとして本腰を入れよう」と誓ってから、5年目を迎えました。この5年間は毎年のようにステップアップがあり、自分の感覚として「今年は丸1年立ち止まったままだったな」と思ったことはありませんでした。 そのお…

偽物コンプレックス。

***** また随分期間が空いてしまったんですが、ちょっと今日は後ろ向きなうえに、自己陶酔気味の文章を書きました。各自ご注意ください。 ***** 「自分は偽物だ」という思い込み 僕は自分が偽物だというコンプレックスがある。 例えば文章。紙媒体の人たちのストイックな文章と比べると…

筋トレという「建設的な」自傷行為。

筋トレは「建設的な」自傷行為である 筋トレはある意味で、というか科学的な意味で自傷行為である。なぜなら筋トレをすれば筋繊維がブチブチとちぎれ、細胞が死滅するからだ。 自重トレなら自分の体を自分の体で痛めつける行為であり、ダンベル等の器具を使えば鉄の塊を使って自分の体を痛めつける行…

冬の低空飛行

すっかり冬だ。 冬は好きだ。鼻から息を吸い込むと、頭の先の方まで冷たい空気が入ってきて、思考が冷静になる気がする。 肌が出ている部分は冷たいのだけれど、マフラーとかネックウォーマーに顔を埋めた途端、ぽかぽかと温まる感じも好きだ。 星も綺麗に見えるし、山も綺麗に見える。暖かい布団は…

褒めることの代償

「褒めて伸びるタイプ」「褒めて育てる」など一般的に褒めることにはポジティブな要素が認められています。確かに僕も褒められることは大好きだし、褒めてくれる人のためならもっと頑張ろうって思います。 これは子供の頃からそうだし、今もそうです。でも長い目で見ると、この「褒める」って行為には…

久々にどん底まで気持ちが落ちたときに僕がやることと、今回感じたこと。

いやはやなかなか派手にブログをサボってしまった。何をしていたのかというと、久々に思い切り気分が落ち込んでしまって、にっちもさっちもいかなくなっていたのです。 僕の中での「どん底の気分」の目安は、特にこれといった理由もないのに何もかもが悲観的にしか見れず、涙が出てきて「う゛〜」と嗚…

鬱と筋トレと食事。

 僕はあまり食事に興味がない。 美味しいものを食べるために行列に並んだり、スーパーに並んでいるものの何倍もするような肉とか野菜を買ったり、高価そうな場所ででっかいお皿にちょこんと載った高価そうな料理を食べたり、そういうことには興味がない。 美味しいものは好きだし、高い食材や料理が…

眠れないときの鈴木の対処法まとめ

僕は眠るのが苦手だ。これはうつ病にかかる前からで、もっと言えばスマホを持つようになる前から苦手だ。最近までは布団に入ってからだいたい1時間は眠れなかった。これは布団に入って目を閉じた途端に、色々と考え事をしてしまう癖があるからだ。 以下で紹介する方法は、主にこの癖をなんとかして食…