文章を書いたり、筋トレしたり、自転車漕いだり、山登ったり、基本はひとり。

持ち物ログ

カテゴリ一 記事一覧

久米繊維工業商品ページ

自分の殻を「色」で破ってみる〜久米繊維工業 「01トレーナー」〜

久米繊維工業 「01トレーナー」 1935年創業、国産Tシャツメーカー久米繊維工業が作る、最もベーシックなスウェットシャツが「01トレーナー」です。 税抜4,300円という手頃な価格にも関わらず、数万円のハイプライスの超高品質スウェットシャツと比べても遜色のない品質を維持。オーバ…

丸メガネ研究会 「リレ(Lire)」

あの人の眼鏡〜丸メガネ研究会 「リレ(Lire)」〜

憧れの人 子供の頃、憧れていたおじさんがいた。 父は昔から大晦日に、昔馴染みの友人数人を集めて、年越しの酒盛りをしていたのだが、彼もそのうちの一人だった。 髪を短くしている大人が大半の中、その人は色素の薄い茶色とも灰色とも言えない髪を長く伸ばしていて、高い鼻梁には引っ掛けるように…

カディロング羽織(JK-15C)

MITTAN カディロング羽織 −「布をまとう」を追求した服−

文学のように服を「読む」ということ 服は文学によく似ている、と思う。 文学は「感性」と「論理」の境目を行ったり来たりする芸術の一つだ。 文学は感性的である、という点に反対意見のある人は少ないと思うが、文学は論理的であるという点に関しては「ん?」と違和感を感じる人も多いかもしれない…

方法的懐疑的クリエイション、アランジャケット、ブルーナボイン

1から2のものを作る。2から3のものを作る。これももちろんクリエイションだし、0から1のものを作るのは、もっとクリエイティビティが必要だ。 ただ、1番精神的にも肉体的にもタフネスが必要なのは、10ほどの蓄積があるものを、0まで遡り、「10まで蓄積があった」という事実を踏まえたうえ…

長く羽織れていろいろ羽織れる「MITTANのロングシャツ」

羽織って「いつ着るの」ってなりがち 前にボタンやジップが付いていない、つまり前が閉まらない羽織系の服って、正直「いつ着るの?」って思うことありませんか。 9月とかのまだちょっと暑いときに羽織るには暑いし、無理して羽織るとニット素材のものなんかは洗濯大変だし。 かといって11月〜2…

物凄くナチュラルなのに同じくらい「パンク」なシャツ

mittan「カディシャツ」のナチュラルさについて 今日紹介しようと考えているのは、先日「シンプルなのに、狂ってるカバン」で紹介したmittanというブランドの代表的な作品である「カディシャツ」というシャツについてです。 このシャツは一見するといかにも「ナチュラルなシャツ」です。…

【シャレオツズボン】TUKIというブランドの「すごく妙なズボン」について

「TUKI」というブランドは2004年にスタートしたズボン(以下パンツと言います)の専業ブランドで、普通のデザインに「エキセントリック」なデザインを加えることで「何このパンツ……なんか変!」となる服好きの心を激しく突き刺すパンツばかり作っているところです。運営しているのは「原田服…

シンプルなのに、狂ってるカバン

運命のカバンに出会う 僕が4月ごろに探していたカバン、それは「見た目も使用感も軽やかで、かつ耐久性もある生地を使っており、かつハンドル部分が幅広のショルダーバッグ」でした。 こんなものがあるのかと思って探していたんですが、まあ見事に見つからない。「値段は問わない!」と楽天やヤフー…

【最高のTシャツ】透けない、べたつかない、だらしなくならない。

まだたまに涼しい日があるものの、もはや夏といっても差し支えのない昨今。みなさんいかがお過ごしですか。 僕は先日出版社との打ち合わせに長袖シャツ1枚にリュックを背負っていったら、案の定上半身が汗でべちゃべちゃになりました。この季節、本当に嫌いです。 「Tシャツ」にも色々あるよね 必…

みなさん、どんなパンツ履いてますか?

久しぶりにブログ更新したと思ったらパンツ。前に更新した内容がおっぱいだと思ったらパンツ。ええパンツです。みなさん、どんなパンツ履いてますか? っていうのも、男ってあんまりパンツにお金かけないんです。大半の男がユニクロとか無印とか、ライフとかで売ってるパンツを履いてると思います。多…